うずまきタワシ

f:id:hiro_words:20170602231227j:plain

私が編み物を覚えようと思った動機は、実を言うとエコたわしが欲しかったから。
母が知り合いからもらってきて初めてこの存在を知ったのだが、今では洗い物はこれしか使ってない。

半年前に簡単そうなかぎ針編みのエコたわしをいろいろ作ってみたのだが、どれもイマイチ…。

持ちやすさ、使い勝手、耐久性、どれを取っても、母がもらってきたうずまきタワシが一番良かった。

というわけで、作ってみた。
案外難しく、何度も失敗して4個目でやっと正解が出た(;´∀`)

まず、普通は糸端を縁に縫い込んで始末するのだが、うずまきタワシの場合、縁を絞って中央に重ねるため、これは絶対にやっちゃいけなかった(中央がゴツゴツしてすごいストレス)。

右端で減らし目をし、左端で増やし目をするのだが、上手にできないと右と左で長さが違ってしまって、完成した時に歪んだ渦巻きになるし…。

縦と横の長さの比率を間違うと、釣鐘型になってしまうし…。

手のひらに収まるサイズでないと使いにくいし…。

作り方はこちらのやり方でなんとか正解にたどり着けました。
サイズは16目24段をマイホビーL(手芸の店ギンガム)で編んで11×17cmくらい。

tumutumu.exblog.jp


渦巻きアクリルたわし閉じ方

広告を非表示にする